引越した先は一番競売物件の多い地域らしい

皆さんには、理想の家が有りますか?私は小さい頃からアパートやマンション暮らしが長かったせいか、一軒家というものに大きな憧れをもっていたんです。そしてついに先日、私の家を手に入れたんです。決して広くはない、中古の家ですが、リフォームを行わなくても十分なくらい、上等な物件で、何で家主が出て行ったのかと不審に思うくらいでした。まさか事故物件なのかと、勘ぐりもしましたがそんな事実はなく。至って普通の中古住宅だったんです。

住まい - 新庄市

でも、引っ越しを終え、数週間も住んでみると、何と無く前の家主が出て行った経緯が見えてきたんです。それは、破産です。新築で家を建てたはいいけれど、不況のせいでしょうかローンの返済が滞り、しまいには家を手放し競売に掛けられる羽目になったそうなんです。これを教えてくれたのは近所に住むおしゃべりなおばさんなんですが、そのおばさん曰く、この地域には他にも多くの競売に出された物件が有るのだそうなんです。

空き家バンク | 角田市ホームページ

その物件の殆どは、不動産会社が買い取り、一般に販売しているのだそうですが、何故こんなにも多くの物件が競売に掛けられる事態となったかというと、この地域は30代の若者に人気の地域なのですが、計画性の無い、見栄だけの人が多く入ってくるそうで、その結果負債を払いきれず家を手放す人が多いのだそうなんです。

仙台 競売

私も奇しくも30代、そんな事にはならないよう気を引き締めて生活していきたいですね。